衛星管理

衛星管理
ラーメンサポートセンター 小西直行
経歴


全国に120店舗以上展開をしたラーメンチェーンの立ち上げから参画。
店舗の運営・管理を現場で実践し、本部にて加盟店研修・広告宣伝などの業務を経て商品開発に従事する。

退職後、食品メーカーと共にラーメンの基礎研究。経験や勘に頼らないラーメン作りのノウハウを習得。現在ラーメン学校の講師としても活動し、ラーメンの基礎から最新の調理技術まで徹底した指導を行いラーメン店主からの信頼も厚い。
 
趣味でラーメンの食べ歩きも行うほど、公私共にラーメンをこよなく愛し、1999年にはTVチャンピオン 第5回ラーメン王選手権にも出場している。

【サポート業務】
調理技術指導(ラーメン店の調理全般に関する指導・アドバイスを行います。)
衛生管理指導(ラーメン店の衛生管理全般に関する指導・アドバイスを行います。)
商品開発業務(新商品の開発・既存商品の改善などを行います。)
オペレーション改善指導(調理方法・仕込みなどの改善指導を行います。)

【サポート実績】
全国100店舗以上展開しているラーメンチェーン店にて味ブレの改善指導
飲食企業(他業態)のラーメン業態参入の商品開発・コンセプト作りのサポート
今までに230店舗以上の調理技術・商品開発に貢献

ラーメン店の現場に伺うと真っ先に気になるのが厨房・店内の「汚れ」と、清潔感のあるお店から漂うべき「匂い」ではなく「臭い」が漂っており、お客様が持つお店に対する良い印象を下げているのが現状です。

飲食店はお客様に対して、安心して食事が出来る場所と商品を提供することは、最大の使命でありその義務を果たす必要があります。近年食中毒による事故は増加傾向にあります。

衛星管理

毎日食材に触れ調理している事が当たり前のようになっていますが、たったひとつの「つい」の出来事で食中毒が発生するのです。食中毒を起こした飲食店は、今まで一生懸命に培ったお客様との信頼を一瞬にして失ってしまうのです。

衛星管理

衛星管理

上記理由以外にも様々な理由があると思いますが、衛生管理は、調理・接客と同じかそれ以上に重要なものです。

知らなかったではすまされない食材の保管・調理方法などをしっかり学び、大きな事故に繋がらないようにして、お客様に安心して召し上がって頂ける商品を提供いたしましょう。

衛星管理
食中毒の多くは「味」に影響を与えない事が多く、食品を摂取してから体内で毒素がまわり、腹痛・下痢・嘔吐などの症状が起こります。美味しいものを提供していれば大丈夫と言った過信は禁物です。徹底した衛生管理を行い、安定した商品提供こそが重要だと考えております。

衛星管理