美味しいメンマの作り方

メンマは大きく分けると4タイプ存在します。
1乾燥品 2塩蔵品 3水煮品 4味付品
しっかりとした歯応えを出したい場合は、乾燥品・塩蔵品が良いです。
ただし乾燥品の場合、水で戻して食べれるようになりまでおよそ約1週間かかります。
塩蔵品も塩抜きに2~3日は必要になります。
塩蔵品は最初メンマに塩が大量に付着していますので、ボウルに水を貯めて、流水で塩を洗い流すようにして、一旦ボウルに溜まった塩も全て捨てて改めて水を貯めて塩抜きをすると早く抜けます。少量の水を流しながら半日毎に水を交換しておけば、2日程度で塩は抜けます。(必ず味を見て塩気が強いようであれば、塩抜きを追加してください)
味付けの際のワンポイントアドバイスとしては、メンマの味を付ける際に、少量の「紹興酒」を使うと味に深みが増します。(日本酒よりも美味しく仕上がります)