飲食店経営で成功するために注意すべき落とし穴

何の業界でも共通するものがある。会社は利益を上げ続けなければ存続できない。
独立する目的は、社長になりたい、お金持ちにたいと自身の欲求願望に依ることが多いと思います。

世界に飢餓をなくす為に、飲食店を始めたりする人はあまり聞いたことはありません。

あの有名な経営の神様ドラッガーは、「企業の目的は顧客創造」と言っています。
利益の創造ではないのです。もちろん利益は出さないとダメです。

利益を出すのは当然として、社会のため人のためになることが目的になっていないと永続的繁栄はありません。

すこし禅問答のようですが。

アップルのステーブジョブスはこのように言っています。

「僕は、いつまでも続く会社を作ることに情熱を燃やしてきた。すごい製品を作りたいと社員が猛烈にがんばる会社を。それ以外はすべて副次的だ。もちろん、利益を上げるのもすごいことだよ? 利益があればこそ、すごい製品を作っていられるのだから。でも、原動力は製品であって利益じゃない。スカリーはこれをひっくり返して、金儲けを目的にしてしまった。ほとんど違わないというくらいの小さな違いだけど、これがすべてを変えてしまうんだ──誰を雇うのか、誰を昇進させるのか、会議でなにを話し合うのか、などをね。」
ウォルター・アイザックソン/スティーブ・ジョブズ

自分の作った美味しいらーめんを、地域のみなさまに食べていただきたい。その思いが原動力になってこそ、お客様に喜んでもらい
ご来店いただけるものと確信しています。

そのような思いのあるラーメン店を応援し続けたいと本気で思っています。

よく考えてください。
「本気で作った美味しいラーメンを食べて欲しい!」と考えてるラーメン屋さんと、
「利益を出すためにちょっとでもスープ減らして、安い麺に変えて・・・」ってやっているラーメン屋さん
どちらに行きたいですか?

私たちオイシードはあなたのお店が繁盛店になれるよう全力でサポートを行なっております。
お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら>>
飲食店経営で成功するために注意すべき落とし穴