このページは現在準備中です。
いましばらくお待ちください。

メルマガページ

本ページの詳しい情報につきましては、お手数ですが、お問い合わせページから
お問い合わせいただけますようお願い申し上げます。

メルマガページ

メルマガページ

あるお客様がそういって私のもとに訪れてきました。このような悩みを抱いて私のもとに相談に来る方は少なくありません。繁盛店を作って時間もお金にもゆとりを持てるラーメン店主を夢見たのに、毎日の仕込みで体力的にも限界に来てしまう店主は思いの外多いのが実情です。実際にラーメン店主が抱える悩みにはこのようなものが挙げられます。

メルマガページ

「寝る時間がない」・・・この悩みは多くの店主が抱くもので、繁盛している店主でも抱えているのが現状です。また、「寝る時間がない」と答える店主に共通しているのがスープの仕込み・炊き出しを自店舗で行っている点です。

メルマガページ

一見、繁盛するラーメン店作りには必須と思える店内のスープ仕込みには、このような課題が
メルマガページ
スープを自店舗で作るのが大変なのであれば、業務用スープを使うことになります。業務用スープを使うと「味が落ちる」、「値段が高いから利益を出せない」と考えている方もいるかもしれません。しかし、それは全くの勘違いなのです。
メルマガページ
メルマガページ

メルマガページ

一見、業務用スープ、PBスープ・NBスープと聞くと、レトルトスープだから味が落る、レベルが低くなると考えている店主は今でも多く存在します。業務用スープを使うのは、FC店舗、大型チェーン店かこだわりのない零細店舗で、有名繁盛店では使っていないと思われがちですが、必ずしもそうではありません。

守秘義務契約をしているので店舗名を公開することはできないのですが、有名繁盛店でも自店舗で炊き出ししていない店舗はたくさん存在します。そして、しっかりと利益を出しています。店舗によっては、月商1,000万円以上売っている現実を考えると無視することはできない存在です。

メルマガページ

「業務用スープは高いので、利益を出しにくい。」そんな勘違いをしている方が多くいます。

メルマガページ

この質問をすると、ほとんどの方が答えるのが「食材原価」
食材原価は、材料となる食材そのものの価格です。
ところが実際は、スープを作るには材料代以外にも、ガス代・人件費・廃棄代など、様々な経費がかかります。

あるお店(A店)の例をご紹介します。

A店でのスープ作り朝5時に出勤し、挙骨を冷蔵庫からだし、髄液が出やすいようにトンカチで割る。その間に寸胴に水を差す。6時に準備した挙骨その他の材料を寸胴に投入。

20,000キロカロリーの高カロリーバーナーにガス点火。
ここから、5時間かけてスープを炊き出す。
11時半開店。
これを業務用スープ(PBスープ)に変えたところ。
朝9時に出勤し、寸胴に水をれて火を点火。
30分でお湯が湧いたらスープ投入。
11時開店。
自店舗で炊き出しのスープと業務用スープとでスープが出来上がるまでにかかるコストを計算したところ、業務用スープの方が製造コストを安く押させることができる事が分かりました。当初、5時かけて作っていたスープ作りの人件費やガス代等を考慮した結果、業務用スープのほうが安かったのでした。

メルマガページ
メルマガページ

メルマガページ

らーめん屋の仕事は何ですか?
あなたはどんならーめん店経営を目指しますか?
目指すことが明確で、味作りからスタッフ教育までなんの悩みがないという方はこれ以上お伝えすることはありません。
なので、登録はしないでください。

しかし

今やるべきことを知りたい、新しい商品を作りたい
とにかく変化させたい等あれば是非ご登録してください。

メルマガページ

100店舗以上のラーメン店サポートをしてきた私からのラーメン店運営術を無料でご紹介します。
ラーメン店を開業しようとする方で、味や資金、売上の事は考えるけれど、どうやって儲かるか?さらにいうと、どのように現金を着実に会社に残すか?
という視点で考える方は非常に少ないと言えます。多店舗展開している経営者でも実際の利益や現金は殆ど無いという方も多くいます。もちろん、それでも良いという方はそれでも良いと思いますが、多くの方は、できれば、
メルマガページ
メルマガページ

メルマガページ

しかし、世の中に出回っているラーメン店開業情報には、そのようなお金が着実に増えて自由になれるための運営術について書かれているものがないのです。
このメール講座では、「開業後2年で1000万円の現金を会社に残す」事を最初の目標としています。
この「2年で1000万円」という数値には、意味があります。これは、何かの夢物語や成功体験をあなたに売ろうとしてお伝えしているのではありません。
ラーメン店を運営する上で非常に重要な数値なのです。
もし、あなたがこれからラーメン店で開業するのであれば、2年で現金を余分に1000万円貯めることを念頭において下さい。

メルマガページ

飲食店は流行り廃りも早く、繁盛店だったお店でも数年後には閉店の危機に、なんてことも珍しくありません。
それは、ラーメン店も同じ。もしかしたら、あなたのお店も最初は流行ったとしても数年後には立ち行かなくなる事もありえます。そうしたリスクも常に考えておかなければいけません。
実際のところ、現金で1000万円程度あればどうでしょう?
1000万円ほどあれば、十分やり直すことも可能です。
それこそ、新しいお店を作り直すことも可能です。
多くのラーメン店経営者は「お金を増やす運営術」を知らないばかりに問題が起きたとしても、何も対抗策がうてません。
どうしても目先のことに囚われてしまい、
長期的な経営。
現金や時間を生む。
といったラーメン店経営において「核」とも言える部分を知らずに開業してしまう方が非常に多いのです。
私がラーメン店開業志望者にお伝えしている「ラーメン店を成功させるための公式」があります。それは、以下の通りです。

メルマガページ

多くの方は、商品(味)をどうするか?といった局面しか見ていません。
これは一般的なラーメン店開業方法ですが、実は、この方法は「たまたま上手くいく事にかける」という非常にリスクの高い開業方法なのです。

メルマガページ

時々、こんな話聞きませんか? 「味は美味いのになんかわからないけど儲からず、結局閉店してしまった。」 こういったお店は非常に多いのです。 なぜか? それは、商品(味)という 一面しか見ていないからです。

メルマガページ

上記の公式にもあるように、成功させるためには「商品(味)」がヒットする「立地」を選ぶ必要があるのです。逆に「立地」が決まっているのであれば、その「立地」でヒットする「商品(味)」を選択することで儲かりやすいラーメン店になります。
この商品と立地という2面で考えられるかどうかで成功確率に大きな違いが生まれます。さらに、儲かり続けるための「経営術」も必須です。

このようなラーメン店を繁盛させ「着実に現金残すラーメン店」を作るためのエッセンスを無料メール講座という形であなたにもお伝えいたします。

メルマガページ
メルマガページ
メルマガページ
経済産業省 ドリームゲートアドバイザー 起業アドバイザー/フードアナリスト単に利益を出すために働き続けるのでなく、儲けながら、時間とお金のゆとりを生む”ゆとりラーメン経営”のスペシャリスト。
「お金と時間にゆとり」を持って充実したラーメン店経営を求めるオーナー、店長に独自のラーメン経営術を伝授している。「開業後2年で1000万円の現金を会社に残す」。100店舗以上のラーメン店を見てきた経験から「経営は90%以上社長で決まる」という事を確信。
儲かるラーメン店を作るために一番効果の高い「儲かる社長」を作るため、社長に対するコーチング・コンサルティングを行っている。
売上を増やすことばかりに注力している一方で利益を生み出していないラーメン店が多いことに注目し、「お金と時間にゆとり」を持って充実したラーメン店経営をおくるライフスタイルを提案している。単なるアドバイスにとどまらず、食材提供やFC提供など、クライアントの状況に応じたあらゆる支援策を総動員してサポートする。
クライアントのサポートでは
・飲食のアルバイトをしたこともない人が開店して、年間500万の貯蓄作りに成功
・FC店舗にて5年勤務の後、独立。本人の希望により、一からレシピ開発を支援して、年商8400万のお店に成長
・繁盛有名店のFC化を支援、FC加盟開発の支援にて、半年で加盟店を2店舗獲得
など、0から独立しても成功させるケースも多く、アドバイスにとどまらないトータルサポートが評判。
【メルマガ内容】
1日目 全体像を把握する
2日目 現状を把握する うまくいかないラーメン店の原因とは?
3日目 看板商品を作る 地域一番の商品づくり
4日目 看板商品をベースにしたサービスの刷新
5日目 サービスを定着させる
6日目 集客力にドライブをかける 看板・チラシ
7日目 店舗戦略 オペレーションを見直す
8日目 経営戦略 ビジョンを立てる
9日目 社長の器作り 社長が変わらないとお店も変わらない
10日目 売れるらーめん店つくりまとめ今すぐ「ゆとりラーメン店経営術多店舗展開より利益を生む3つのステップ」メール講座を無料で受講して下さい。
下記フォームに必要事項をご記入の上、送信ボタンを押してクリックしてください。
3分後に、ご入力いただいたメールアドレスにメール講座の案内が届きます。
らーめん経営講座
メールマガジンは【無料】でご登録いただけます。
より詳しい内容をお聞きになりたい方は、こちらよりお問い合わせください。

メルマガページ

「確認する」をクリックするとメールマガジン登録のための外部サイトへ遷移致します。
移動後のページで登録するをクリックすると登録が完了致します。